アクセス制限・パスワードロックについて

特定のユーザーのみが閲覧することのできる環境をホームページ上に構築する「アクセス制限・パスワードロック」についてご紹介します。アクセス制限を行うメリットは、一般ユーザー、及び競合会社に開示したくない情報を隔離し、特定のユーザーに対してのみ情報公開することができる点です。

<アクセス制限・パスワードロックの主な用途>

アクセス制限・パスワードロック│ホームページ作成(WEBサイト制作)東京・埼玉・神奈川 P2T

一般的なアクセス制限・パスワードロックの主な利用目的は「会員専用の情報配信スペースとして利用」「販売代理店に対する情報共有スペースとして利用」「社内専用の情報共有スペースとして利用」等が挙げられます。

アクセス制限・パスワードロックに関しては、共通のID・パスワードによる簡易的な制限を設ける方法と、ユーザー毎にIDパスワードを発行する方法の2つがあります。利用したいシーンによってその方法を使い分けることが重要になります。

また、目的によって、アクセス制限・パスワードロック以外にも考慮しなければならない機能が必ず存在するため、一概にアクセス制限・パスワードロックといった一言で片付けることができない場合が往々にしてあります。

下図は、会員専用概算見積もり発行サイトを想定したものです。会員に対してのみ、概算見積もりの発行が可能な構成です。この場合、アクセス制限・パスワードロック(パスワード発行機能)以外にも、様々な機能が必要となります。どのような目的を達成するために、アクセス制限・パスワードロックが必要なのかを聞きさせていただいた上で、その目的に合ったご提案をさせていたしますので、お気軽にご相談ください。

会員専用の概算見積もり発行WEBサイト構築例│ホームページ作成(WEBサイト制作)東京・埼玉・神奈川 P2T

アクセス制限・パスワードロック設置の料金について

アクセス制限・パスワードロックに関しましては、設置させていただく内容によって価格が異なります。例えば、簡易的なパスワードロックの場合、18,000円程となります。アクセス制限・パスワードロックに関するご質問をお持ちの際には、お気軽にご相談ください